重点目標

   ホーム  >  重点目標

 

 

平成28年度の学校経営について


 

平成28年4月27日


                         福岡県立香椎工業高等学校長

1 学校経営方針

 人として当たり前のことを当たり前にする日本一の高校を創る

 

 創立55年目となる本年度は、多様な経営指標をもとに本校の強みと弱みを明らかにした上で「人としての在り方生き方を身に付けることを教育の根幹に据え、大好きな部活動と社会で通用する資格取得が思う存分にでき、さらに実績のある就職に加え進学の道も選ぶことができる」の具体的目標に則り、道徳教育を根幹に据えた教育活動を力強く展開し、本校生徒の自信と誇り、及び本校の存在意義をさらに高めていく。

 

2 具体的目標


(1)多様な経営指標と市場調査をとおして本校の将来ビジョンを策定する
  香工(かこう)活性化委員会に代わりマーケットイン委員会を新設し、多様な経営指標をもとに本校の強みと弱みを明らかにするとともに、本校に通学する中学3年生とその保護者の進路に関する市場調査を実施し、将来ビジョンを策定する。


(2)組織的に道徳教育を展開する準備を行う
  校務分掌として道徳教育を研修課に設けるとともに、道徳教育推進委員会を新設して、本校で道徳教育を推進する体制づくりを行う。
  ア 県教育センターの指導主事を招聘し、道徳教育の進め方の職員研修を行う。
  イ 人としての在り方生き方に関する生徒講演会を実施する。


(3)授業規律と授業技術を高め「人を育てる授業」を展開する
  「規律ある授業」「分かる授業」を展開し、徹底した授業規律を確立する。そのため、県教育センターの指導主事を招聘して授業技術を高める職員研修を行うとともに、近隣の小・中学校の授業参観や生徒による授業評価を実施する。

(4)実績のある就職に加え国公立大学への進学など出口の幅を広げる
  公務員への就職や国公立大学への進学、高専へ編入学する体制づくりを行う。
 1学期は先進校の情報収集に努め、2学期から体制づくりを進める。

(5)生徒の主体性を育てる部活動や特別活動を展開する
  「人を育てる部活動」の展開と学校応援をとおして部活動加入率を7割に高める。 さらに、文化祭や体育祭、生徒研究発表会、及びものづくりコンテストなどにおいて、生徒の主体性を引き出す指導を展開する。

(6)修学支援を迅速に進める
  生徒サポート委員会を定期的に開催し、遅刻や欠席を繰り返す生徒の適切な指導法を協議し、担任を中心に迅速な対応を進める。また、担任は学期初めの二者面談や学期終わりの三者面談をとおして生徒理解に努め、生徒の心の変化を見逃さない。

 

 ホーム
福岡県立香椎工業高等学校〒813-0012福岡市東区香椎駅東2丁目23番1号
Tel:092-681-2131 Fax:092-671-0915