重点目標

   ホーム  >  重点目標

平成31年度の学校経営方針について

 

 

平成31年4月1日

 

福岡県立香椎工業高等学校長

 学校経営方針

 

「タフ」で「しなやか」な工業人の育成を図る!

 

 


本校は本年度で創立58周年を迎える工業の専門高校である。

工業の専門高校として

 

「モノづくりは人づくり」~チームの中で活躍できる工業人をめざして~

 

次世代の工業人としてのリーダーを育成するために、校訓である「自立・協同」の精神を活かしつつ、「タフ」で「しなやかな」工業人の育成を図る。「自立・協同」とは、「まず自らの力で各自の確立に努め、次にお互いの心と力を合わせ助け合って一事をなす。」ということであり、社会人としての基本的な心構えを説いたものである。

具体的な目標・方策を以下に述べる。

 

 具体的目標

(1)キャリア教育の充実

「生徒一人ひとりの多様な進路実現」に向けたカリキュラムの展開を行い、就職だけでなく公務員や大学進学等への進路指導体制の充実を図る。多様な生徒の可能性を伸ばす指導を充実させることで、生徒一人ひとりの多様な進路に応じた教育を行う。また、大学等との接続についても対応を行う。

 

(2)継承されるものづくり・引き継がれる伝統技術を守る

「鎧兜の製作」をはじめとする日本の伝統文化の継承を率先して行い、伝統文化の継承に尽力する。また、ものづくりをとおして、地域や社会の健全で持続的な発展を担う職業人を育成するため、ボランティア活動等を充実し、促進する。

 

(3)授業規律の確立と授業技術を高め、「人を育てる授業」を展開する

「鍛ほめ福岡メゾット」の実践を推進し、「主体的・対話的で深い学び」に向けた「アクティブラーニング」を行い、探求心の向上を行う。

最先端科学技術の進展・グローバル化・産業構造変化等にともない、必要とされる専門知識・技術も変化及び高度化しているため、教師自らが自己研鑽に励み、ICTを用いた授業づくり、実践学習を通じた学習意欲の向上と維持に努める。そのためには、専門的な技術および知識の定着を行い、多様な課題に対応できる課題解決能力を育成することが重要であり、「課題研究」等の自主的な学習活動をより一層充実させる。

 

(4)修学支援を迅速に進める

 転退学を防ぐために生徒サポート委員会を毎月開催し、遅刻や欠席を繰り返す生徒の適切な指導法を協議するとともに、生徒情報を職員会議で適宜報告し組織的対応につなげる。また、担任は学期初めの二者面談や学期終わりの三者面談をとおして生徒理解に努め、生徒の心の変化を見逃さない。

 

(5)組織的な道徳教育の展開

 道徳的実践力を高めるため、人としての在り方・生き方を身につける道徳教育を展開する。

「凡事徹底」を図り、当たり前のことを当たり前にやるのではなく、当たり前のことを人には真似できないほど一生懸命やる態度を涵養する。

 

 

 ホーム
福岡県立香椎工業高等学校〒813-0012福岡市東区香椎駅東2丁目23番1号
Tel:092-681-2131 Fax:092-671-0915
福岡県立香椎工業高等学校
〒813-0012福岡市東区香椎駅東2丁目23番1号
Tel:092-681-2131  Fax:092-671-0915
(C) Fukuoka Prefectural Kashii Technical High School. All rights reserved