広報

   ホーム  >  広報 [ 鎧兜(よろいかぶと) ]
 WRO
 鎧兜(よろいかぶと)

 

継承されるものづくり・引き継がれる伝統

   

 

 平成14年(2002年)から始まった「鎧兜の製作」は、香椎工業高校・電子機械科の名物に育つとともに、今や学校の顔となりました。

日本の芸術工芸の粋を尽くした価値ある歴史遺品の鎧兜に近づけるよう、等身大で着用可能なものを製作し、その過程で手仕上げ、板金、木工、縫製などの様々な知識・技術を習得し、歴史にふれ、作る・着る・飾る楽しみを味わうことを目的に、本物に負けない迫力あるものを製作してきました。

 

本校の玄関ホールに展示している歴代甲冑群

 

2002年度 蛍の鎧兜(オリジナル)

2005年度 当世具足(オリジナル)

2006年度 武田信玄

2007年度 伊達政宗

2008年度 直江兼続

2009年度 立花宗茂

2010年度 黒田長政

2011年度 細川忠興

2012年度 黒田官兵衛

2013年度 大友宗麟

2014年度 加藤清正

2015年度 真田幸村

2016年度 井伊直政 

 

 


他にも福岡県内をはじめ、大分県、大阪府、宮城県、福島県など様々な場所で展示され、多くの人から称賛を受けました。また、テレビ局に鎧を貸し出すこともありました。

 

 

29年度は徳川四天王の一人「本多忠勝」

 

14領目となる本年度は、東国無双と褒め称えられた徳川四天王の一人「本多忠勝」の鎧兜を製作しています。

 

 

 

添付資料 電子機械科製作の鎧兜、市内のホテルに出陣中

 

添付資料 電子機械科 鎧兜製作日記①

 

添付資料 電子機械科  鎧兜製作日記②

 

 

添付資料 電子機械科 鎧兜製作日記④

 


 

 

 ホーム
福岡県立香椎工業高等学校〒813-0012福岡市東区香椎駅東2丁目23番1号
Tel:092-681-2131 Fax:092-671-0915